頑張り過ぎないことも大切 ハードワークの現状と健康を考える

これも一つのスキル

いつも勤勉に働いていて誰よりもハードワークをこなしているのに、その疲れている様子が微塵にも感じられないという人も職場にはいるものです。自分はこれだけ大変なのに、そこまで働いても元気でいられるのはなぜだろうと感じてしまうことも少なくはないでしょう。もともとの体力に違いがあるから仕方ないと諦めてしまうかもしれません。しかし、ハードワークをこなしても元気でいられるというのは一つのスキルであり、普段の生活から切り替えていくことによって誰でも実現可能なものということは知っておくと良い事実でしょう。

仕事場でとても元気に見える人も、家に帰った途端に死んだようにして寝てしまうという人も稀ではありません。エネルギーが無尽蔵にあるわけではなく、持てるエネルギーを必要なところで自然に使えるようになるということが重要になります。そして、そのエネルギーを毎日満たんまで回復させることができれば、ハードワークを元気にこなせるようになるのです。

そのために必要なのは二つであり、仕事にやりがいを持つことと、よく眠ることです。仕事に大きな魅力を感じてやりがいを持って働いていると自然にエネルギーが出てくるものであり、良い睡眠は体力の回復を促します。仕事に少しでも不安や不満を感じてしまっていると集中力が切れて疲れを感じてしまったり、それが原因でよく眠れなかったりすることになるでしょう。それをなくすことができるというのが必要条件になるのです。

No comments yet Be the first to comment