頑張り過ぎないことも大切 ハードワークの現状と健康を考える

ハードワークの現実

近年、高齢化社会の進行に伴い、医療従事者の人材不足にまつわる話題がクローズアップされる機会が増えてきています。医師や看護師、薬剤師、介護士などにおいては人手不足が深刻化しており、社会問題の一つとして注目を集めています。そんなことも背景にあることから、医療従事者はハードワークという位置付けをされることも多くなってきているのです。ハードワークという意味合いについては、ただ単に業務内容が厳しいものであるということはもちろん、時間的な拘束も長くなることから、婚期が遅れるなどといった従事者のプライベートに関する懸念があるのも事実です。言うまでもなく、人手不足であることに危機感を感じて、より一層の努力を重ねる人が多いということも事実です。日夜私達の暮らしを支える医療従事者は、人手不足と戦いながらも安心で安全な医療を提供しようと頑張ってくれているのです。

昨今の若者の傾向として、仕事に対する考え方には変化が出てきているとされていて、収入が多いということよりも休日などが多く、時間の拘束などがないという職業を選ぶということが主流になっているようです。そんなこともあり、ハードワークと呼ばれるものが、敬遠される傾向にあるのです。とはいえ、各医療機関においては、今後も医療従事者が必要になることには変わりありませんので、外国人やシニア世代を積極的に登用するなどの苦肉の策を講じているようです。今後においても、高齢化社会が続くことは明白な事実ですので、抜本的な対策が必要になると言えるでしょう。目が離せない状況が続きます。

No comments yet Be the first to comment