頑張り過ぎないことも大切 ハードワークの現状と健康を考える

看護師は心身の負担を軽くする

医療機関で勤務する看護師の職務は、連日の外来患者の対応に加え、入院患者のケアや日常生活のサポートなど、多岐にわたる職務を必要とされるハードワークです。時には、感染性の疾患にかかっている患者の治療に携わったり、重度の外傷を負っている患者の処置を素早く行わなければならない立場にもあるため、緊迫した場面が連続する就労環境です。それゆえに、看護師の仕事は心的な疲労も蓄積されがちです。また、夜勤や残業などの不規則な勤務体制が一般的なため、肉体的な疲労も溜まりやすい傾向にあります。

医療機関で勤務する看護師のハードワークを克服する為には、有能な看護師として周囲から高く評価され、それぞれの職務から充実感を得て、心的な疲労を解消する事が大切です。有能な看護師は知識の習得にも貪欲で、ストレスの溜まりがちな仕事でも率先して行う傾向が見られます。そのため、仕事に夢中になれるので、心身ともにストレスを感じる事が少ないのが特徴です。その結果、これらの積極的な対応が結果となって現れることも多く、素早い外傷の処置で患者の急変を食い止める事ができたり、これまで習得してきた臨床現場での知識が役立ち患者が一命を取り留めるなど、看護師の仕事に充実感を覚えることができるようになるのです。これらの理由から、有能な看護師ほどハードワークが苦になるという事が少なくなり、臨床現場で成果を上げている看護師ほど職務に集中している為に充実感を得て、心身ともにストレスがたまらないケースが多く見られます。

No comments yet Be the first to comment